HAKUTOは挑戦し続けます

posted: 2018.1.11

HAKUTO XPRIZE_GOOGLE_RM

PRESS RELEASE

2018年1月11日

HAKUTOは挑戦し続けます

HAKUTOは現在Google Lunar XPRIZEからの離脱の意思はありません。HAKUTOは、賞金目的ではなくレースの先に新しい宇宙産業を生み出すというコンセプトに共感し、2010年からレースに参加しています。これまでHAKUTOのチャレンジに共感、ご支援いただている皆様の想いを無駄にしないために、Google Lunar XPRIZEそして民間による月面探査という挑戦を続けていきます。

TeamIndusの打ち上げに関する一連の報道を受け、HAKUTOからTeamIndusに事実確認を行いました。その結果、TeamIndusとインド宇宙研究機関(ISRO)のロケットPSLVでの打ち上げ調整がつかず、現時点ではGoogle Lunar XPRIZEのレース期限内(2018年3月31日)での月面探査ローバー”SORATO”の打ち上げ実施が難しいことを確認致しました。しかしHAKUTOは、引き続きあらゆる可能性を模索し、日本発の民間月面探査の実現を目指します。

HAKUTOは当初から月面を走る月面探査ローバーの開発に特化し、他チームの月着陸船に相乗りすることにより月までの輸送を確保することを計画しています。直近では、2017年11月8日にレースを主催するXPRIZE財団およびレースの審査員が来日し、HAKUTOのミッション計画の審査を実施、その後、製造を完了させたSORATOの熱真空試験、振動試験を実施し、打ち上げに求められる基準をクリアした後、12月19日に打ち上げに向けて相乗り先のTeamIndusの拠点インド・バンガロールへローバーの輸送を完了させ、順調に開発を進めてまいりました。 相乗り先のTeamIndusもXPRIZE審査団による審査会も通過した他、ランダーの管制室を完成させ、HAKUTOと合同デモンストレーションも実施し、月に着陸するランダーの開発を進めています。しかし、TeamIndusとインド宇宙研究機関(ISRO)のロケットPSLVでの調整がつかず、レース期限での打ち上げ実施が難しいことを確認致しました。

HAKUTOは、同じレースを戦っている仲間として、引き続きTeamIndusをサポートし、レース期限までミッション達成の可能性を模索していきます。またXPRIZE財団、TeamIndusも交えてレース延期について協議することも検討しています。さらに日本発の民間月面探査を達成するために、TeamIndusとの相乗り契約の継続は勿論、あらゆる方法を再度見直し、様々な選択肢の中で最も成功率の高い方法を検討していきます。

クラウドファンディングでご支援いただいた皆様のお名前を刻印したパネルをはじめ、HAKUTOのチャレンジに共感、ご支援いただている多くの皆様の想いをいかなる手段でも月面に届けていきます。

引き続きHAKUTOへのご支援のほど、宜しくお願い致します。

袴田武史(HAKUTO代表)のコメント

HAKUTOのモットーは『「夢みたい」を現実に。』です。一歩ずつ歩み、挑戦をし続けてきました。資金調達に苦難し、相乗り先を変更し、ローバーも大胆な小型軽量化する等、いままで数々の山や谷がありました。どんな困難があっても歩みを止めずにいれば、解決案は出てきます。我々は引き続き挑戦し続けます。

【HAKUTOについて】http://team-hakuto.jp/

HAKUTOは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一Google Lunar XPRIZEに参加するチームです。ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドをもった人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボット(ローバー)を開発し、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指しています。2015年1月には、月面ミッションを達成できる能力のローバーを開発したその技術力が評価され、Google Lunar XPRIZE中間賞のモビリティ部門を受賞しています。

auxHAKUTO MOON CHALLENGE

【Google Lunar XPRIZEについて】 http://lunar.xprize.org/

Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。2017年1月24日に、SpaceIL(イスラエル)、Moon Express(アメリカ)、Synergy Moon(インターナショナル)、TeamIndus(インド)、HAKUTO(日本)の5チームがレースの最終フェーズに進むことが発表されました。

【本件に関するお問い合せ先】

HAKUTO PR事務局 堀口
TEL:03-6263-9169
e-mail:media@team-hakuto.jp

HAKUTO

HAKUTOの挑戦を応援したい、一緒に楽しみたい、という方へ。

HAKUTO SUPPORTERS CLUB

HAKUTOに共感し、支えてくださる企業のみなさまへ。

PARTNER