モビリティサブシステム中間賞を受賞、賞金50万ドルを獲得 さらに株式会社IHIをはじめ2社のスポンサードが決定

posted: 2015.1.27

pr-head

>English

Googleによる賞金総額3000万ドルの国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(以下GLXP)に挑戦する株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区麻布台)が運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(以下 ハクト)」は、米国時間2015年1月26日、サンフランシスコのCalifornia Academy of Sciencesで行われたGLXP中間賞授賞式で、モビリティサブシステム中間賞を受賞しました。

「ハクト」: http://team-hakuto.jp/

XPRIZE財団とGoogleは、GLXPミッションで発生する様々な環境を再現した実地試験と分析を行い、宇宙空間でも問題なく性能を発揮できると証明されたハードウェアとソフトウェアを表彰する中間賞を設定しています。中間賞は、月面での撮影能力を評価する「イメージング」、月面ローバーの性能を評価する「モビリティ」、そして月面に着陸するための飛行および飛行制御能力を評価する「ランダーシステム」の3つの部門があります。月面探査ローバー「Moonraker」と「Tetris」を開発し、モビリティ部門の中間賞のファイナリストとしてノミネートされていたハクトは、2014年11月〜12月にかけて実施した振動試験、熱真空試験、フィールド走行試験などの宇宙環境試験の結果、月面においてもGLXPミッションを達成できることを証明(※)したことで、今回中間賞受賞に至りました。

※各試験の詳細レポートについては、ハクトHPをご参照ください。

受賞に関するGLXPのコメントは以下のとおりです。

Robert K. Weiss (XPRIZE財団vice chairman and president)

賞金3000万ドルの Google Lunar XPRIZEは、民間による月面着陸を実現し、500m走行、そして高画質な画像を地球に送るという、いまだ人類が達成したことのない偉業を成し遂げることを要求しています。中間賞を受賞した5つのすばらしいチームに、祝いの言葉を捧げます。Google Lunar XPRIZEの最終目的は、このレースを通じて世界中のさまざまなエンジニアや起業家が低コストでの宇宙ロボット探査実現への道を開拓することです。これらの成果は、再び月へ降り立つ歴史的な転換点になるでしょう。

受賞に関するハクトのコメントは以下のとおりです。

袴田武史(チーム・ハクト代表)

「中間賞を受賞できてうれしく思います開発したエンジニアやチーム全員の努力のおかげです。技術は十分実証できたので、さらに資金的にも協力していただけるスポンサーを見つけ、歴史を創ることを実行したいです。」

吉田和哉(チーム・ハクト)

「GLXPの中間賞(モビリティー)の受賞をたいへんうれしく思います。ここまでハクトのローバー開発に参加してくれた皆さん、協力、応援してくれた 皆さん、そしてこのような機会を与えてくれたXPRIZE財団の皆さんに、御礼申し 上げます。この中間賞は、私たちの開発してきた探査ロボットが、月面で十分に性能を発揮 できる可能性があることを証明してくれるものですが、私たちの真のゴールはその先にあります。中間賞に向けての開発・試験で得た知識や経験を反映して、本 当に月面上を走りまわる日を目指して、開発を続けていきますので、引き続きの ご支援ご協力をお願いいたします。」

mr

今回中間賞を獲得した月面探査ローバー「Moonraker」

またハクトは、GLXPのミッションにおいて月面や地上で撮影した写真や映像の使用権などを含むスポンサー契約を株式会社IHIと締結し、またIoTデータマネジメント・パートナー及び各種共同研究を行うIoTパートナー契約をジグソー株式会社と締結いたしました。

中間賞受賞により得た賞金50万ドルを月面探査ローバーの開発資金として活用し、さらに新たなスポンサーの大きな協力を得ることで、GLXPミッション達成に向け、チームの活動を一層加速させていきます。

世界初の民間月面探査を目指すハクトの今後の活動にご期待ください。

【株式会社IHIについて】

IHIは1853年の創業以来、ものづくり企業として技術の最先端を追い求めてきました。その事業は、資源・エネルギー・環境、社会基盤・海洋、産業システム・汎用機械、航空・宇宙・防衛と、幅広い領域にわたります。またIHIは、小惑星探査機「はやぶさ」、小型人工衛星打ち上げ用固体燃料ロケット「イプシロンロケット」等の研究・開発に参画するなど、様々な形で宇宙開発に貢献しています。

http://www.ihi.co.jp/

【ジグソー株式会社について】

IoTマネジメント及びIoTビッグデータアナライズ分野のリーディングカンパニー。インターネットにおける基盤技術力をベースにした自動化と、IoTから集まる各種データ、多様なスキル・経験・ナレッジやノウハウのビックデータをベースに、「インターネットに安心をご提供する」をミッションとし、お客様、社会のインターネットサービスを支え・守る「マネジメントサービス事業」をA&Aというコンセプトで展開中。

http://www.jig-saw.com/

【月面探査ローバーMoonrakerとTetrisについて】

民間でのミッションに適した最小限の機能を搭載する超小型・軽量ローバーを開発しました。宇宙への打上費は重量に比例して上がるため、軽量化が求められ、日本の得意とする小型化思想をふんだんに取り入れています。また、低コスト化のため民生品の部品を多く活用しています。

【ハクトについて】

ハクトは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一GLXPに参加するチームです。東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻教授であり、株式会社ispace CTOの吉田 和哉教授を中心とした月面探査ローバーの開発を行っています。

http://team-hakuto.jp/

【Google Lunar XPRIZEについて】

Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から18チームが参加しています。

http://lunar.xprize.org

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ispace 東京都港区麻布台 3-1-6 飯倉片町アネックス 6F
担当:米澤香子
連絡先:TEL 03-4405-7540 FAX: 050-3730-2339 Mail:media@team-hakuto.jp

pr-head

Media Contact:Kyoko Yonezawa media@team-hakuto.jp

Team HAKUTO Wins Google Lunar XPRIZE Milestone Prize for Mobility, Receives $500,000 Prize, and Announced Two Official Sponsors Including IHI Corporation

TOKYO, Japan (January 27, 2015) – HAKUTO, the sole Japanese team competing for the $30 million Google Lunar XPRIZE, has received the $500K Milestone Prize for Mobility, presented at a private award ceremony held on January 26, 2015 at the California Academy of Sciences in San Francisco, CA.

The Google Lunar XPRIZE Milestone Prizes were introduced to recognize the technological achievements and associated financial hurdles faced by the teams as they prepare their lunar spacecraft to compete for the largest incentivized prize in human history. Since September 2014, Hakuto has been testing their pre-flight model rovers “Moonraker” and “Tetris” for spaceflight-readiness, and their acquisition of the Mobility Milestone Prize is the result of extensive developing and rigorous vibration testing, thermal vacuum testing and field mobility testing.

Hakuto will use the $500K to continue development of their flight model rovers as part of their planned lunar mission and quest to win the Google Lunar XPRIZE Grand Prize.

“The $30M Google Lunar XPRIZE is asking teams to accomplish a feat that has never been achieved—the safe landing of a private craft on the lunar surface that travels at least 500 meters and transmits high-definition video and imagery back to Earth,” said Robert K. Weiss, vice chairman and president, XPRIZE. “Congratulations to these five talented teams on winning Milestone Prizes. The goal of this unprecedented competition is to challenge and inspire engineers and entrepreneurs from around the world to develop low-cost methods of robotic space exploration and these achievements represent a pivotal moment in this important journey back to the moon.”

“I couldn’t be more excited that we’ve won the Mobility Milestone Prize,” said Takeshi Hakamada, Hakuto Team Leader. “This is the result of a combined effort made by everyone on the team, especially our engineers. Now that we’ve proven that we have the technology to accomplish this mission, we hope to connect with new financial sponsors who share our vision and go on to make history together.”

“I am so delighted to receive the Google Lunar XPRIZE’s Terrestrial Mobility Milestone Prize”, said Kazuya Yoshida, Professor of Tohoku University, and Technical Lead of Team Hakuto. “I would like to express my wholehearted appreciation to those who participated in the development of the Team Hakuto rovers, those who contributed and supported our activities, and those at the XPRIZE Foundation who organized such a challenging competition. This Milestone Prize attests to the fact that our Hakuto rovers are technically capable to explore the surface of the Moon, but at the end of day, it’s only a “Milestone.” Our true goal is to operate our rovers on the actual Moon. Team Hakuto is continuing our development based upon the invaluable experience and lessons we’ve learned in the process of the Milestone challenge.”

mr

Hakuto’s “Moonraker,” the lunar rover which won the Milestone Prize for Mobility.

Hakuto has a sponsorship agreement with the IHI Corporation, covering usage rights for all photos and videos taken by its rovers on the lunar surface as well as on Earth, as part of the Google Lunar XPRIZE mission. Hakuto also has a partnership with JIG-SAW INC., who handles IoT (Internet-of-Things) data management related to Hakuto’s mission.

Hakuto plans to use the $500,000 received as part of the Milestone Prize to continue its lunar rover development. By working together with new sponsors, Hakuto will be able to accelerate its efforts towards the ultimate goal of obtaining the Google Lunar XPRIZE.

Keep a close eye on the Hakuto team in the days to come, as they work towards the world’s first private lunar exploration mission!

[More information about the IHI Corporation]

Founded in 1853, IHI Corporation manufacture many types of products with the newest technologies in the field of resources, energy, environment, infrastructure, marinetime engineering, industrial system, general machinery, aerospace, defense and more. IHI also contributes in space development and research filed including Hayabusa, an asteroid explorer, and Epsilon Rocket, a solid-fuel rocket designed to launch scientific micro satellites. http://www.ihi.co.jp/

[More information about JIG-SAW INC.]

The Leading Company of IoT management and IoT big data analytics. JIG-SAW INC. provides management services for the customers’ and the society’s internet service. Their mission is to “provide reassurance to internet”, based on automation of core technology of the internet and a big data of diverse of IoT sensing, skill, experience, knowledge, and know-how. http://www.jig-saw.com/

About HAKUTO’s Pre-Flight Model Rovers

Hakuto has developed a small and lightweight dual-rover system, utilizing Japanese expertise in miniaturization. Hakuto also rigorously tested and incorporated many off-the-shelf commercial products to keep costs to a minimum, in order to fulfill the requirements of the $30M Google Lunar XPRIZE.

About HAKUTO

Hakuto, operated by ispace technologies, inc., is the only team from Japan competing for the $30M Google Lunar XPRIZE. The development of the “Moonraker” and “Tetris” rovers is led by Prof. Kazuya Yoshida (Professor of Tohoku University, CTO of ispace technologies, inc.). For more information, visit http://team-hakuto.jp/

About the Google Lunar XPRIZE

The $30M Google Lunar XPRIZE is an unprecedented competition to challenge and inspire engineers and entrepreneurs from around the world to develop low-cost methods of robotic space exploration. To win the Google Lunar XPRIZE, a privately funded team must successfully place a robot on the moon’s surface that explores at least 500 meters and transmits high-definition video and images back to Earth. For more information, visit http://lunar.xprize.org/.

HAKUTO

HAKUTOの挑戦を応援したい、一緒に楽しみたい、というみなさんのために
「HAKUTO SUPPORTERS CLUB」を開設しています。会員特典もたくさん。
みなさんの参加をチーム一同お待ちしています。

詳細・お申し込みはこちら