Google Lunar XPRIZEに挑戦する 月面探査ローバーのプレフライトモデルを発表

posted: 2014.9.30

pr_header

>English

株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区麻布台)が運営する日本初の民間月面探査チーム「ハクト」は、Googleによる賞金総額3000万ドルの国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(以下GLXP)に挑戦する月面探査ローバーのプレフライトモデル、デュアルローバーの「Moonraker」と「Tetris」を発表します。GLXPとは、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。加えて、このMoonrakerとTetrisは、ハクトオリジナルミッション、世界初の月面の縦孔探査を行うよう設計されています。

ハクトの月面探査ローバーは、今年2月にGLXPが設ける中間賞の書類審査を通過した5チームの1つとして、モビリティサブシステム中間賞(走行系)のファイナリストに選定されています。今後、本プレフライトモデルに対して宇宙機として機能することを証明するための試験を実施し、中間賞の獲得を目指しています。

月面探査ローバーMoonrakerとTetrisについて

TFwu4GwI90YFusv_ew42p46j2QFRcb1Id9aiEo_4-Xk

Moonraker(左)とTetris(右)

■ミッション

MoonrakerとTetrisは、GLXPにより課せられたミッションに加え、世界初のハクトだけのオリジナルのミッションを行うように設計されています。

◯月面を500メートル走行(GLXPミッション)

表面温度が-150℃以下から100℃以上という厳しい温度環境の中、クレーターや岩石を避けながら月面を500m以上走行します。

◯月面からの動画・静止画を送信(GLXPミッション)

ローバーの眼の前に広がる360度の景色を、搭載しているHDカメラで撮影し、地球に送信します。

◯月面の縦孔探査(ハクトオリジナルミッション)

MoonrakerとTetrisをテザー(細いロープ)で結合した「デュアルローバー」によって、月面に存在する「縦孔」を探査します。「縦孔」とは、日本の月面探査衛星「かぐや」によって発見された月面に垂直に開いた穴で、火山活動によって生成されたと考えられています。Tetrisが降下して縦孔の内部を探査することを目指します。縦孔は、月の誕生をよりよく理解する鍵となることが期待されており、将来人類が長期滞在する基地を設営するための有力候補地でもあります。

■基本設計

ミッションに適した最小限の機能を搭載する超小型・軽量ローバーを開発しました。宇宙への打上費は重量に比例して上がるため、軽量化が求められ、日本の得意とする小型化思想をふんだんに取り入れています。また、低コスト化のため民生品の部品を多く活用しています。

Moonraker

サイズ w480×d600×h540mm
重量 10kg

0VUfTmPz3kWvBy6O26NgRr_U_Eg7RCeiafFxSucYdDU
Tetris

w270×d540×h210mm
重量 2kg

 

■主な仕様

◯360度カメラ

月面で唯一の眼となるカメラは、三角錐ミラーを採用し、360度を一度に撮影できるカメラシステムを搭載しています。

◯SLAM技術

360度カメラを使い、ローバーの周りの環境を正確に把握し自己位置推定を行います。

◯ホイール

月面は、レゴリスと呼ばれるパウダー状の砂で覆われています。この非常に軟らかい表面でも軽々走行できるホイールを開発しています。

◯CFRP構造

軽くて強い素材であるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)をボディーなどに多用。この素材は、近年、航空機やロケットの先進構造材料としても使われています。オートクレーブにて成形された事により、ハクトの超小型ローバーは、軽量化及び高剛性(高強度)を実現。オフィシャルパートナーである埼玉県の株式会社アールディエスがエクステリアデザイン及び製作を手がけています。

◯熱対策

月面は、昼は100℃以上、夜は-150℃以下にもなる、非常に厳しい温度環境です。 このような過酷な条件でもローバーが動作できることを、熱真空チャンバーを使った試験等で検証していきます。

今後の計画

本プレフライトモデルに対して、GLXP審査員団の審査のもと環境試験を実施します。また、屋外フィールドでの走行試験については、公開実験を行う予定です。中間賞の結果発表及び授賞式はGoogle本社にて行われる予定です。

ハクトについて

ハクトは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一GLXPに参加するチームです。東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻教授であり、株式会社ispace CTOの吉田 和哉氏を中心とした月面探査ローバーの開発と、日本でのチームの広報活動を担当しています。

Google Lunar XPRIZEについて

Googleがスポンサーとなり、X PRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から18チームが参加しています。

Google Lunar XPRIZE中間賞について

2013年11月にXPRIZE財団とGoogleが発表した中間賞は、順調に開発を進めているチームを経済的にサポートし、更なる投資や認知度を上げることを目的としています。そのために、月面ミッション達成で授与される総額3,000万ドルの賞金に加え、総額600万ドルを新たに中間賞として設定しています。中間賞はイメージング、モビリティ、ランダーシステムの3種類があり、ハクトは現在、モビリティサブシステム中間賞(走行系)のファイナリストとしてノミネートされています。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ispace
東京都港区麻布台3-1-6 飯倉片町アネックス 6F
担当: 米澤香子 TEL: 03-4405-7540 Mail: media@team-hakuto.jp

pr_header

HAKUTO Announces New Pre-Flight Models of Moon Exploration Rovers to Challenge for the $30 Million Google Lunar XPRIZE

(Tokyo, September 30, 2014) – HAKUTO, the Japanese team competing for the $30M Google Lunar XPRIZE, has announced new pre-flight models of its two moon exploration rovers: four wheeled “Moonraker” and two wheeled “Tetris.” The Google Lunar XPRIZE is an unprecedented competition challenging privately funded teams to successfully land a spacecraft on the lunar surface that travels at least 500 meters and transmits high-definition video and imagery back to earth. Hakuto has developed a small and lightweight dual rover system to fulfill the requirements of the Google Lunar XPRIZE and, for the first time, explore caves beneath the lunar surface.

By conducting several experiments to prove the rovers’ perform in the space environment, Hakuto is currently aiming to win one of the Google Lunar XPRIZE Milestone Prizes for mobility. The Google Lunar XPRIZE introduced Milestone Prizes worth a total of $6M to recognize technological achievements and associated financial hurdles faced by the teams as they prepare their lunar spacecraft for the largest international incentive prize of all time. Hakuto is one of five teams selected to compete for the Milestone Prizes.

TFwu4GwI90YFusv_ew42p46j2QFRcb1Id9aiEo_4-Xk

Moonraker (left) and Tetris (right). Credit: Hakuto

The lunar environment is extreme with surface temperatures ranging from below -150℃ to above 100℃. As part of the Milestone judging process, Hakuto will conduct thermal vacuum testing to prove that the rover can perform the mission in these harsh conditions. All testing will take place under the scrutiny of the Google Lunar XPRIZE judging panel.

Hakuto’s rovers must be able to move more than 500 meters on the moon’s surface, which is covered in fine, abrasive sand known as regolith, while keeping away from craters and rocks. Hakuto has developed wheels that can run over this soft terrain and will demonstrate this capability during the field tests.

In addition to competing for the Google Lunar XPRIZE, Hakuto will send two rovers to the moon to explore a lunar lava tube for the first time. In 2009, Japan’s lunar exploration satellite, “Kaguya” (Selene), discovered holes that are thought to be caves or “skylights” into underlying lava tubes. The two-wheeled “Tetris,” connected by a tether to the four wheeled “Moonraker,” will be lowered down through a hole on the surface to explore the caves underneath. These lava tubes could prove to be very important scientifically as they could help explain the moon’s volcanic past. They could also become candidate sites for long-term habitats able to shield humans from the moon’s hostile environment.

The rovers’ bodies incorporate strong, lightweight, autoclave-molded Carbon Fiber Reinforced Plastic (CFRP) materials, which are commonly used in aircrafts and rockets. Design and production of the rover bodies have been carried out by Japanese company, RDS Inc., Hakuto’s official partner. Since the launch cost increases according to mass, Hakuto has utilized Japanese expertise in downsizing, while also incorporating many off-the-shelf commercial products to keep costs to a minimum.

Hakuto has selected a hyperbolic mirror camera system to become the “eye” of Moonraker, which will capture high-definition, 360-degree images of the lunar surface and transmit them back to earth as part of the Google Lunar XPRIZE “Mooncasts.” Data from the panoramic camera and other sensors will also be used by the rover in Simultaneous Localization and Mapping (SLAM) to identify its surrounding environment and estimate its own position.

Basic Specifications

GctqAe2epfBD8m2q4PmiIbzt58eYiYJVwm95RSSnMpc
Moonraker:

Size: 480 mm (width) × 600 mm (depth) × 540 mm (height)
Mass: 10kg

0VUfTmPz3kWvBy6O26NgRr_U_Eg7RCeiafFxSucYdDU
Tetris:

Size: 270 mm (width) × 540mm (depth) × 210mm (height)
Mass: 2kg

 

About HAKUTO

HAKUTO, operated by ispace Inc., is the only team from Japan competing for the Google Lunar XPRIZE. The development of the “Moonraker” and “Tetris” rovers is led by Prof. Kazuya Yoshida (Professor of Tohoku University, CTO of ispace Inc.).

About the Google Lunar XPRIZE

The $30M Google Lunar XPRIZE is an unprecedented competition to challenge and inspire engineers and entrepreneurs from around the world to develop low-cost methods of robotic space exploration. To win the Google Lunar XPRIZE, a privately funded team must successfully place a robot on the Moon’s surface that explores at least 500 meters and transmits high definition video and images back to Earth. The first team to do so will claim the $20M Grand Prize, while the second team will earn a $5M purse. For more information, visit www.googlelunarxprize.org.

About the Google Lunar XPRIZE Milestone Prizes

XPRIZE and Google have incorporated Milestone Prizes into the Google Lunar XPRIZE in order to reward teams who achieve key milestones on their way to ready their subsystems for launch. The Milestone Prizes, totaling $6M, are for demonstrating (via actual testing and analysis) robust hardware and software to overcome key technical risks in the areas of imaging, mobility and lander systems — all three being necessary to achieve a successful Google Lunar XPRIZE mission.

HAKUTO

HAKUTOの挑戦を応援したい、一緒に楽しみたい、という方へ。

HAKUTO SUPPORTERS CLUB

HAKUTOに共感し、支えてくださる企業のみなさまへ。

PARTNER